カスタム検索

史跡と伝説をたずねて(その10) 信仰の足跡


 金丸の祖先について、琉球古代城主を伝える天孫氏二十五世の子孫の系統によると、二十五世思金松兼王の六男に当たる今帰仁王子の子孫であることが系図では伝えられている。

 思金松兼王が利勇に滅ぼされると、六男の今帰仁王子は危険を恐れて今帰仁間切の具志堅に逃げた。

 しかし、間もなく今帰仁城に戻ったものの、また、その後政変のため伊平屋間切(伊是名)に逃げ、伊平屋大主となり、その系統が伊平屋里主で金丸の父、後の尚稷(しょく)ということが伝えられている。   

 利勇は王位を奪取したが、間もなく舜天に滅ぼされているから、舜天が即位した一千百八七年から、金丸が生まれた千四百十五年までの二百八二年間、金丸の祖先は伊平屋と伊是名を含めた旧伊平屋に居たことが推測される。
                
 ところで第一尚氏王統の祖、屋藏大主と、金丸の祖、思金松兼王の六男今帰仁王子は身の危険が迫ったとき、なぜ旧伊平屋島に逃れたのか。そこにも不思議な共通点があることも確かである。古琉球の人には身の危険が生じたときに、伝説の島旧伊平屋島に神の加護を求める何かがあったのだろうか。
                     
 また、斎場御嶽はアマミキヨゆかりの地、久高島へのお通しお嶽としての霊場とされいたように、もしかしたら伊是名の天城や、伊平屋の籠屋洞窟なども、天孫降臨の地アマミ嶽と伝えられるように、北から南下してきた古代の人々にとっては、お通しお嶽ではなかったかと思われてきた。
 
 琉球開闢伝説によると「一番に国頭に辺土の安須森(あすもり)、次に今帰仁のカナヒヤブ、次に知念森、斎場嶽、藪薩(やぶさ)の浦原、次に玉城アマツツ、次に久高コバウ森、次に首里森、真玉森」と伝えられていることは、古代の人々は北から南下してきた足跡を信仰の面でも残していたように思われる。
(完)



にほんブログ村 歴史ブログ 琉球・沖縄史へ
にほんブログ村
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。