カスタム検索

沖縄と琉球 (その8) 沖縄の原風景


 遣唐使船が南島路を停止されると、沖縄に関する記録は途絶えていた。だが、空白の歴史のなかにも琉球の名は、中国の史書などで時おり見られている。

 琉球という場合、必ずしも台湾だけではなく、ときには沖縄であった場合もあろう。唐の時代、閩(びん)人の周遇という人が浙から閩(びん) に帰る途中、海上で悪風に遭い、琉球に漂流したときの様子が、松本雅明著「沖縄の歴史と文化」で、次の通り述べられている。

 「また流 国(流求)を経るに、その国人は幺麼(ようま)(短小)で、一概(ひとし)くみな麻布を服して礼あり、競って食物をもって釘や鉄と易(か)えんことを求め、新羅(しらぎ)の客もまた、半ばその語を訳していう、この国は華人が漂(ただよ)い浮かびここに至るに遇えば、災禍あるを慮う。」と答えたという。 
        
 漂流者には、食物を与え、鉄や釘と交換していたことや、また、皆、麻の布を着ていたが礼儀正しかったことなどは、沖縄の素朴で穏やかな横社会の原風景を見ているような気がする。

 それに、新羅の人が言葉を分かったというから、朝鮮とは、貝塚時代から交流があったことも、うかがえる。

 要するに琉球国とは、食人国として恐れられていた琉球国でないことは明らかである。



にほんブログ村 歴史ブログ 琉球・沖縄史へ
にほんブログ村
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。